スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャプチャー地獄

 週末かけて、動画制作のノウハウについて悪戦苦闘していました。セリフ打ち込みは終わってるし、いつもどおりの方法をとれば一晩あれば問題なく出来上がるのですが、今後を見据えていろいろと試しているので、たぶんアップできるのは早くても今週末だと思います。

 それで、何をしていたのかというと、PEの体験版と吉里吉里を使ってやすP式の方法を試していました。具体的なことはリンクを見てもらった方がいいと思うのですが、要はセリフだけを別に打ち出して、キャラの配置他、ヴィジュアルに関係するすべての作業はPE上でやるということなのですが、意外なところで苦戦してなかなか前に進みませんでした。

 主な難関となっていたのは、1.吉里吉里の文字送りの調整がうまくいかない、2.吉里吉里の画面をキャプチャーするとどうしてもコマ落ちする、3.クロマキーをどういう風に調整しても文字がつぶれてしまう、の三点。

 1に関しては、いろいろとスクリプトをいじっても、どうもそれがデバックする段階でなぜか反映されない。これは簡単なHTML入力くらいしか経験がないレスター伯Pではどうしようもない感じで、いろいろと試してもうまくいかなったので、文字送り断念することで決着。

 しかし、さらに問題になってくるのが2で、ここでの動画化の精度が低いとどうしようもないわけです。はじめはカハマルカを使ってたのですが、思いし、コマ落ちがひどすぎるので、途中からはCamstudioに乗り換えることに。しかし、fpsこそ安定したものの、やはり思ってたような画質にならない。

 そこで思い切って、うちのラップトップではうまく作動しない紙クリに再試行することに。相変わらず一部のフェードやレイヤうまく作動しなかったのですが、メッセージ・レイヤ1だけならば問題なく使えたのでこれは正解。文字送りのウェイト変更はこちらでもなぜかうまくいかなかったものの、avi動画への出力も簡単で、キャプチャーソフトを使うよりも質がいいので今後はこの方法を使うことにします。

 そこで、最後に残ったの問題が3。今回はやすPのダブル・クロマキーではなくて、kushioakPの方法を参考にしつつ、NukiM@s2でアルファチャンネル化する方法をとってやってみたのですが、読めないことはないものの、お世辞にもきれいな仕上がりにならなりませんでした。AEなんてものはもちろん持ってないので、それ以外でうまくブラッシュ・アップできる方法をもっと探らないといけないですね。

 ただ、一応この二日くらいかけて、紙クリ→PEという方法で動画を作る方法を一通り覚えることに成功したので、今後はこの方法でやっていきたいと思います。PEは微妙に操作性が悪いなあと感じるところもあるのですが、複数のタイムラインを使ってレイヤー操作とエフェクト付けを同時にできるというのはいいですね。GIMPだけよりも数段修正が簡単だし、いろいろと出来るのは本当に便利です。

 というわけで、次の動画(春香のレスター篇その5)からはこの方法をとるために、PE7を購入しようと思っています(体験版は30日制限だけでなく、真ん中にテロップがかかるので)。月が替わり次第買おうと思っているので、たぶんうpは週末かな?

 でも、ここでPEをかうと、最近絶不調のデジカメの買い替えが一か月先延ばしになるなあ。ポンドが安いうちにこっちで購入したいけど、上がってくれるなよ!
スポンサーサイト

千早のイギリス歴史紀行 ロンドン外伝その2

 旅行から帰ってきて、なかなか研究に対するやる気が上がらない中、サクッと作りました。



 本来ならもう少し進めるはずだったんですが、登場人物が四人になったせいか、会話が思った以上に長くなってしまい、予定の三分の二くらいしか進みませんでした。今回の表の主役はもちろんボウディッカ女王ですが、裏の主役はウィンストンさんだったりましす。いろいろな意味で、19世紀イギリスを抜きにして今回の話はかたられませんからねえ。詳しくは、解説篇あたりで触れられたらなあと思ってます。

 一方で、今回のちひゃーといおりんは空気でしたね…。真面目な歴史話の中にいかにアイドルを絡めていけるか(そのうえで短くまとめれるか)、これが今後最大の課題となりそうです。春香さんみたいなキャラなら天然ボケ(勘違いネタ)で押し通せても、基本が真面目なこの二人の場合だと、どうしても9393とかツンデレとかに頼らざるをえないのが現状ですね。その分、ボイス挿入とかも試してはいますが…。

 さて、次はどうしましょうか?ちひゃー外伝をもう一つ作るべきか、もしくは解説篇を作るべきか、迷います。少ないながらも毎回頂いているコメントの中に、答えておいた方がよさそうなものもあるので、解説篇を作るとすればそこの解説と切符口座の応用編と一緒に作ると思います。でも、早く本編を進めないと、いつまでたっても終わりが見えなくなってしまいそう。

 ちなみにレスター篇はあと3回程度で終わる予定で、他の街も(ノッティンガム、ダービー、ラグビー)紹介したいし。今回旅行してきたランカシャーも想像以上に楽しかったしなあ。でも少しずつ忙しさが増してきているので、週に一本、多くても二本程度しか作れそうにないのですが…

 そんな感じですが、よかったらこれからも見てやってください。それではいつものようにセットリスト。

続きを読む

ランカシャー旅行

 木曜日から日曜日まで、ランカシャーに旅行に行ってきました。前に行ったことのあるマンチェスターは前線基地として宿をとっただけで、今回はリヴァプール、プレストン、ブラックバーンが目的地でした。特に後半二つの都市は日本だとほとんど知られてないと思いますが、実は今回の旅行のテーマを達成するには欠かせない都市なんですね。

 というわけで、これら三つの都市から浮かぶ、今回の旅行のテーマとは何でしょうか?これがわかった人は、相当な通だと思います。ちなみに、ヒントを出すとしたら、帰りにわざわざ乗り継ぎ地であるシェフィールドを観光したこと、さらには今年の4月15日が、シェフィールで起こったちょうどある事件の20周年に当たること、でしょうか。

 前者がなぜヒントなのか分かった人がいたら、その人とはぜひ本気で話がしてみたいですね。後者に関してはリヴァプールでは大々的に「記憶の場」を呼び起こすイベントが開催されるみたいです。それから、組み合わせがああなった以上、某会長さんはぜひともとある提案を認めてほしいと思います。

 さて、今回は動画制作を始めてからは、初の旅行となったわけですが、純粋に旅行を楽しむと同時に、常に頭の中には大量にとった写真を使ってどうやって動画を作ろうかということがめぐっていました。なので、時に春香さんととあるアイドル(今後出演予定)との会話をMOUSOUしつつ(時に独り言も交えて)旅をする、何とも気持ち悪い感じでした。まあ、その模様がいつ頃動画になるかはまったくわかりませんが、少なくともそこまでは続けたいですね。

 そんなわけで、とりあえずはちひゃー篇の続きを作らなくては。少し実生活が忙しくなりそうなので、ペースは落ちると思いますが、がんばって作っていきますよ。

千早のイギリス歴史紀行 ロンドン外伝その1

 想像以上に時間がかかった…、けどちゃんとできました。
 
 

 とりあえず導入だけですが、ちひゃー編を作ってみました。作る前に予想していたのとは違って、ちひゃーよりもいおりんの方が全然書きやすかった。でも、これはレスター伯Pの釘宮病感染が、想像以上に進んでいたことの証明のような気がしないでもなかったり…。まあ、気にしない気にしない。

 
 今回はとりあえずの導入なので、ドラマ・パートのみとなりましたが、次回以降は順次ロンドンの隠れた(隠れてないものも取り上げますが)名所を取り上げていこうと思います。まずは、ロンディニウム時代かな。

 後、ちひゃーが「伊織」と呼んでますが、まあ、うちの千早は原作よりも少しフランクなんだと思ってくださるとうれしいです(その分ボケども増してますが)。ぶっちゃけると、エンコした後に気付いたから、妥協した…、なんてことはないですよ。まあ、外伝は二人の絡みが中心なので、名前で呼んでいた方が楽しいかなあとか。

 それから実験的に台詞を入れてみました。Audacityって便利ですね。とりあえず、いおりんの罵声パターンと、春香さんの各種チャント(?)を切り抜いたので、今後適宜使っていきます。でも、WMMを使ってるとどうしても二度手間になるから、やっぱりPEがほしいなあ。とりあえず体験版を試してみようかな?

 ちなみに、史実キャラの選択に関しては、個人的にはチャーチルとディズレイリの二択だったのですが、前者を選びました。両者ともにイギリス政治史に残る名首相かつ、文筆・歴史にも特別明るいのですが、チャーチルの方がキャラを崩しやすいかなと思ったのと、いろいろと経歴に突っ込みどころがあるので採用しました。元祖ダンディーことディズレイリもキャラ的には負けてないんだけどね。予断としては、ウィンストンを出すので、彼に関係するさるお方も出演させようかなあと思ってます。ヒントは鎌倉の大仏です(笑)

 そんな感じで、今後は春香レスター篇と千早ロンドン編を並行して作っていこうと思います。たぶん、次はもうひとつ千早外伝。木曜日からリバプール旅行だから、うpは早くて来週の今頃かな?

 以下、セットリスト

続きを読む

紙芝居作り

 千早のロンドン外伝の製作が絶賛進行中(あとは音付けだけ)ですが、ここらで一つ紙芝居つくりについて。

 現在は、最も古典的な手段であろう、ペイントソフト(GIMP)でテキスト打ち込みを含めて紙芝居に必要なファイルを全部作って、WMMで音付け+追加の写真追加+最低限のエフェクト(切り替え効果)をしてWMA出力→ニコエンコでMP4化という工程をとってます。ただ、さすがにこれだとどうかなあと思うので、ツールの導入を検討しているのですが、どうにもうまくいきません。

 動画化については、千早外伝から少しづつ改良を試していこうと思っているのですが、最大の問題は紙芝居作り。初めは紙クリを試してみたのですが、レスター伯Pの設定が悪いのかもしれませんが、うちのVAIOノート(Vista)ではうまく動いてくれません。エフェクトの類(切り替え効果は微妙)がだめなだけでなく、メッセージレイヤーでのテキスト打ち込みすらうまくいかない始末。他にVistaで紙クリをうまく使えてる人はいるんでしょうか?

 なので、現在は紙クリの元ともいうべき吉里吉里を試しています。正直昔少しだけHTMLでのタグ家をした経験があるだけで、スクリプト打ち込みとかほぼ初心者同然なのですが、基本部分はすいぎんPの講座を読めば分かった気がします。ただ、吉里吉里での最大の問題は、キャプチャー。正直面倒くさい…、って言っちゃあだめなんでしょうか。いいプラグインとかないのかなあ?

 なので、今後時期を見て吉里吉里を使って紙芝居を作ってみようかなあと思ってます(単純にエフェクトをつけれるだけでなく、テキストを直すのにも便利)。ただ、正直にいえば有料だけどPEとかVSとかも欲しいところです。NiVEも試してみたのですが、イギリス歴史紀行のような純粋な紙芝居MADだとどうも使いにくいし。

 個人的にいえば、レイヤー操作とタイムライン管理、さらに二重に音楽トラックを重ねる(WMMは一度には一トラックのみ。べつにAudacityやtrackAxを別に使えばいいんですが)操作を一つのソフトで出来るソフトがあればいいんですが。前の二つだけなら紙クリがうまく動けば全然問題ないんですけどね。VSの12ってどんな感じなんですかね?よさそう何であれば、買うのもやぶさかではないんですが…。

律子・小鳥のイギリス歴史紀行 解説篇02

 ひどい、それにしてもひどすぐる。



 本編を真面目モードで書きすぎて、春香さんの閣下化だけでは我慢できなかったであろう、レスター伯Pの中の何かがはじけてしまった気がします。正直紙芝居を作っている最中に歯止めがきかなくて、いっそ解説部分をなくそうかとさえ思うほどでした。

 それでも、後半部分は結構真面目に本編で伯爵が話した話の裏側を説明したつもりではいるんですがどうでしょうか?イギリスとフランスの関係ってのは歴史的観点を抜きにしては絶対に語れません。ちなみに、今日の話をもっと理解したい場合には、市場にも貼っておきましたが、リンダ・コリーの「イギリス国民の誕生」が必読書です。高いですが、前々回紹介たレスター伯の本に比べれば、図書館普及率も高いと思うので、探してみてください。

 それでも、一番問題なのはどう考えてもやよいですよね。はじめからあんなキャラにするつもりはなくて、海外に行くにはお金がなくて本編や外伝に出番を作るのは難しいだろうから、せめて解説篇で、すこしおバカな生徒役を務めさせるはずだったんですが、作ってるうちに自然に…。今回に関しては確実にぴよちゃんを超えてた気がします。ちなみに、画材云々に金を使って生活費がって部分は、ラッキーなスターの某姉妹のエピソードから出てきました。

 そんなわけで、今回は以上。次回はちひゃーロンドン外伝です。ちひゃーの他に、アイドルのゲスト一人と史実キャラ一人(もしかしたらもう一人プラスされるかも?)が出てきます。 

 以下、いつもの様にセットリスト。

続きを読む

春香のイギリス歴史紀行 レスター篇その4

 今週は日本からゲストが来ているので、毎日昼間から飲みつつ、夜に研究と動画作成をすすめてます。そうしているうちに出来たのがこれ。



 今回の内容の具体的な面に関しては解説篇に回そうかなと思っていますが、全体的なコンセプトとしては劇中で伯爵も言ってたように、レスター史からみるイギリス史(イングランド史)です。どこの国でもそうですが、自分たちのルーツってのは本来かなり曖昧なはずなのに、神話を作ったりいろいろな手段を講じて、半分恣意的に確かなものにしていくというプロセスは踏まれるものですが、そこからこぼれ落ちてしまいがちなものに目を向けたいというのが、この三部作の意図でもあります。地味なのには理由があるんですよね、春香さん?

 とりあえず、今回でレスターの歴史の話はひとまず終了。次回からは現代のレスターについて、いろいろと紹介していきます。とりあえずは次はカオスなこと極まりないマーケットの予定です。「何でそんな物が?」ってのが結構あって、いろいろとマーケットを見て回るのがレスター伯Pは結構好きです。
 
 ただ、その前に解説篇による補足と、千早のロンドン外伝を作るつもりですが、少しペースが落ちそうな予感がします。来週の後半はリバプールに旅行に行くので、それまでにはなんとかしたいですが。

 以下、いつものようにセットリスト。

続きを読む

春香のイギリス歴史紀行 レスター篇その3

 課題のレポートが書きあがって、飲みまくってた週末でしたが動画も作りましたよ。というわけで、レスター篇その3です。



 今回は、ほとんどレスター伯のターンでした。高校で世界史をやった人ならなんとなく知っているかも知れませんが、レスター伯、シモン・ド・モンフォールは普通に凄い業績を持っています。がっ、意外にもイギリス人の間ではそこまで知名度も人気もない気がします。少なくともレスター伯Pの周りにいる学生たちは、外国人はもちろん、イギリス人でさえ自分たちの大学の由来になった伯爵の業績について質問してもちゃんと知ってる人は少ないです。

 なので、日本での知名度も言わずもがなな感じですし、何より「地球の歩き方」(そもそもレスターのページすらない!)はおろか、「ロンリー・プラネット」にもほとんど記述がない。そんな、日の当たらないレスター伯に少しでもスポット・ライトをあててあげようと思ったのも、このシリーズを、しかもレスター中心に作ろうと思った動機の一つではあります。なので、少なくとも愚民の皆さんだけでも伯爵のことを心に留めてもらえると、P冥利に尽きます。

 ただ、正直にいえば、今回の動画では全部を語りつくせてないです。レスター伯Pはイギリスの歴史に関係していることを研究していますが、正直13世紀は守備範囲外です。当時の裁判制度とかならもう少し詳細に語れますが、個人のエピソードを面白く語る自信はありません。なので、興味を持った方は市場に張り付けてある伯爵の本を読んでみてください。ただ、高いし、在庫があるかはわからないし、大学図書館レベルでもどこでも入っているという代物ではないですが…

 そんな感じで、前回からつづくこの歴史回は、次回まで続きます。今回にも実はちょこっとでていた、あの王様が主役の予定なので、必然的にイギリスで一番有名な手袋職人の息子も出てくると思います(笑)それ以降は、レスターに関しては歴史もからめつつ、街の名所を回りつつより現在のレスターの文化を紹介していくことになります。

 でも、ちひゃーが呼んでいる気がするので、ロンドン番外編も作りますよ!こちらにはあるアイドルと、レスター伯よりはずっと有名な史実の政治家(暗黒王じゃないですけど、関係はある人です)が出演予定です。週末くらいまでにはあげたいなあ。

 以下、セットリスト。

続きを読む

 今回はスムーズに上がりました。本編第二段、レスター篇その2です。



 ここからあと2・3回は結構真面目な歴史話が続く予定です。ようやく教養講座っぽくなってこれたかな。ちなみに個人的なテーマとしては単純にレスター史について描くのではなく、「レスター史から見たイギリス史像」を簡単に示せればいいかあと思ってます。むしろ細かいことは解説篇に回したい。

 そんなわけで、次回はいよいよレスター伯について書きますよ。まあ、高校で世界史を専攻していた人にはそこまで目新しいくないかもしれませんが、今回の最後でポロっと伯爵がはいた台詞がポイントです。

 以下、セットリストだけ。

続きを読む

酔っ払い

 プロローグ・本編その一・解説篇その一と作り終えて、ほっと一息ついているレスター伯です。なんだかんだで、うpしてから一週間がたとうとしていますが、すごい長くて濃い一週間だったと思います。もちろん、生まれて初めての動画制作を、これまた生まれて初めての切り抜きから始めたからというのもあるのですが、同時に実生活の方でもちょうどレポートを書いていたので、これまで生きてきた中でも今週以上にアウトプット作業をした一週間はないんじゃないかと思います。こう見えても、いろいろな形で物を書いてきたんですが、それでもいわゆる研究論文形式と紙芝居動画を並行して、しかも英語と日本語で書くという作業はなかなかに大変だったけど、すごい充実していて、何より楽しかったです。

 それで今日の段階で両方共のめどが一応立ったし、金曜日だということもあって、さっきまでドイツ人の友人と鍋とビールをつまみに、いろいろと話してました。ちなみにこのドイツ人の友人は、レスター伯のどのイギリス人の友人よりもきれいな英語(文法・発音両面において)を話してくれるので、いつも以上に会話が弾みます。非ネイティブにとっては、ネイティブよりは非ネイティブだけどちゃんとした英語をしゃべれる外国人(フランス人みたいに癖があるとあれだけど)と話すのが一番楽です。ちなみに、非ネイティブの外国人というのは、実は次の本編のテーマでもあるし、もっといえば春香のイギリス歴史紀行の根底を貫くテーマでもあります。まあ、わざわざレスター伯をP役に持ってきている時点で、イギリス史に詳しい人ならばピンとくるかもしれませんが。

 そんなわけで、これから微妙に酔っぱらった状態のままレスター篇02の制作に入りたいと思います。日曜くらいにうpできたらいいなあ。

春香のイギリス歴史紀行 解説編01

 もう、早くもくじけそうになったけど、何とかなった。解説篇01です。



 レポートを書きながら何度アップロードを試みても、サムネ選択画面以降に進まなかったので、半分投げようかとも思ったのですが、不具合掲示板なんかを見ると同じ症状の人が、「IEはだめで、Firefoxならいけた」と書いてあったので、試してみたら0時前後にも関わらず一発でした。さんざんエンコの仕方が悪いのかと思ってやり直したのは、今になってはいい思い出です(笑)。

 さて、解説篇ですが、ちょっとした本編の補足(+以降の本編の予告)と、イギリスお役立ち講座「切符の買い方 基礎編」を詰め込みました。ちなみに切符の買い方については、今後「応用編」、「ロンドン・アンダーグラウンド編」もやってみようかと思います。ただ、後者は千早のロンドン外伝を作ることになってからだと思うので、かなり先だと思います。

 ちなみに、解説編のキャストはりっちゃん+ぴよちゃんですよ。プロローグにも書きましたが、個人的にはこの二人+千早がベスト3なので、キャストに迷いはなかったです。ただ、その分BOUSOUしてところどころに、かなりひどい「ぴよりつ」が混じってますが…。

 そんな感じで、プロローグ→本編→解説篇と来たので、次こそはちゃんと歴史分をしっかりと入れ込みたいと思います。分量次第だけど、古代から中世くらいまでのレスターについてになるかな?

 以下、余計な解説。

続きを読む

エンコ地獄

 本来だったら、ここに解説篇のリンクを張るところなのですが…、何回やっても何回やってもアップロードがうまくいきません。SMILEVIDEOでエンコまでは確実に進んで、サムネを選ぶところまでは進むのですが、最終的に動画エラー画面になってしまいます。どうしてなのか、よく分かりません。

 特に制作方法(GIMPで紙芝居作り→WMMで音付け+ムービー化→ニコエンコでMP4化)を変えたりしてないし、ビットレートなんかも特にいじってないんですがなぜでしょう。サイズ自体は今までで一番小さいですし。はじめはサーバー側の問題かとも思ったんですが、ためしにレスター篇その1を挙げてみたらうまくいったので、たぶんこっちのファイルに問題があるんだとは思いますが…。でも、よく分からないのはSMILEVIDEOでも毎回エンコまでは行くんですよね。だけど、その後が一向に…。

 いろいろと掲示板なんかを見て回った限りでは同じような症状にあった例も挙がってましたが、そんなに頻発するものなのでしょうか?一応いろいろと設定を変えてエンコし直したりもして試してみても全部だめ。正直、エンコの仕組みの細かいところとかは良く分かってないので、お手上げ状態です。
 
 もしかしたら著作権にかかっちゃうのかなあ?今回は音楽に方角を結構使ってるからなのか?

 もし、なんらか分かりそうな人がいたら、教えてもらえるとありがたいです。
 

 

春香のイギリス歴史紀行 レスター篇その1

 だめだ、止まらなかったんだ。だから、あげちゃったんだ早くも。



 プロローグの最後で、今週末に上がったら褒めてくださいと書きましたが、あふれてくるMOUSOUが寝させてくれなかったので、あっという間にできてしました。ただ、その分歴史分が少なくて、ニコマス分が多くなってしまったのはご愛敬です。なので、今後はもう少し自重しつつも、毎日コツコツ作っていきます。

と思ったら、一か所致命的なミスがあったので急いで修正。元版は消して、修正版を上げなおしました。(修正箇所:Soar川はちゃんと海まで続いてはいます。ただ、本格的に貿易出来るほど大きな船が通れなかっただけで。)

 あと、お一人、元版を視聴・マイリスしてくださっていたみたいなのですが、申し訳ありませんでした。

 というわけで、以下解説、とうか反省。

続きを読む

感謝

 レスター伯Pです。昨晩プロローグをあげてからドキドキしっぱなしでした。何度も動画を見返しては再生数が増えるのにびっくりし、一つ一つのコメントに一喜一憂する、このプロセスの繰り返しです。正直、全然再生が伸びないんじゃないかと思ってたので、200再生越え、50に迫ろうとするコメントには感謝感激雨ARASHI、もといあられです(古い)。

 コメでは、単純な感想からシリーズへの期待、さらには動画作成に関するアドバイスをいただけました。どれもうれしくて、学校の図書館で研究の休憩がてらニヤニヤしながら観てるので、周りの学生たちにたまに怪訝な目で見られますw

 特に一つ前のエントリで架空戦記ロダについて教えてくれた方、ありがとうございました。どうも2chとかスレッド系の掲示板が苦手で、調べないまま制作を進めてましたが、いくつか素材を調達できました。とりあえず、これでりっちゃんと小鳥さんの出番が増えることは確実になりました。ただ、個人的にはコミュ動画キャプチャー→切り抜きの作業が結構好きなので、並行してやっていきたいと思います。いい表情を見つけたときのニヤニヤ感は、(周りから見て気持ち悪いという意味で)たまりません。

 というわけで、今晩から早速本編第一話、レスター編その一の制作にかかりたいと思います。一応何となくのプロットはできているので、思ったよりはサクサクいけそうです。あと、本篇と並行して、プロローグでも触れた切符の買い方など、イギリス旅行・生活・歴史に役立つちょっとした解説篇『律子のイギリス歴史紀行解説篇』も作っていく予定です。

 と、いうわけで(古都在住の方は笑うところですよ)、動画を見てくださったすべての方に改めて感謝です。

 以下、蛇足な独り言。BGM、というか本篇でローゼスについて。

続きを読む

春香のイギリス歴史紀行 プロローグ

 ついにうp主デビューしてしまった。




 改めてみると、動画の質はともかく、誤字がひどい。GIMPとWMMで作ってるから、打ち直すのがめんどくさいんですよね。まあ、それを補完する意味も含めて、以下解説

続きを読む

レスター伯P
イギリス在住のままひっそりと0903Pとしてデビュー。 10月に日本に凱旋帰国し、4月から京都に復帰しますた(´・ω・`) イギリス歴史・文化に関する教養講座、UKロックを中心とするPV、素人が思いつきで作る音MAD・マッシュアップ、脊髄反射で作るネタMADなどを好き勝手に作ってます。 ちなみに、リンクフリーです。 じゃんじゃん貼ってくれたまえ!

レスター伯P

Author:レスター伯P
にーちゃん、むっつりだ、むっつり貴族!

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。