スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春香のイギリス歴史紀行 レスター篇その4

 今週は日本からゲストが来ているので、毎日昼間から飲みつつ、夜に研究と動画作成をすすめてます。そうしているうちに出来たのがこれ。



 今回の内容の具体的な面に関しては解説篇に回そうかなと思っていますが、全体的なコンセプトとしては劇中で伯爵も言ってたように、レスター史からみるイギリス史(イングランド史)です。どこの国でもそうですが、自分たちのルーツってのは本来かなり曖昧なはずなのに、神話を作ったりいろいろな手段を講じて、半分恣意的に確かなものにしていくというプロセスは踏まれるものですが、そこからこぼれ落ちてしまいがちなものに目を向けたいというのが、この三部作の意図でもあります。地味なのには理由があるんですよね、春香さん?

 とりあえず、今回でレスターの歴史の話はひとまず終了。次回からは現代のレスターについて、いろいろと紹介していきます。とりあえずは次はカオスなこと極まりないマーケットの予定です。「何でそんな物が?」ってのが結構あって、いろいろとマーケットを見て回るのがレスター伯Pは結構好きです。
 
 ただ、その前に解説篇による補足と、千早のロンドン外伝を作るつもりですが、少しペースが落ちそうな予感がします。来週の後半はリバプールに旅行に行くので、それまでにはなんとかしたいですが。

 以下、いつものようにセットリスト。
1. The Stone Roses, She Bangs the Drum, The Stone Roses
2. The Jesus and Mary Chain, Just Like Honey, Psychocandy
3. The Beatles, Strawberry Fields Forever, Magical Mystery Tour
4. Franz Ferdinand, Eleanor Put Your Boots on, You Could Have It So Much Better
5. 天海春香(中村繪里子)、I Want (live ver.)
6. The Beatles, I Am the Walrus, Magical Mystery Tour
7. Oasis, I Am the Walrus (live ver.), Whatever

今回はとりあえず、I Am the Walrusを使いたかったということに尽きるでしょうか。つなぎは微妙な気はしますが、個人的にはオリジナルに勝るとも劣らないくらいオアシスのビートルズ・カバーは大好きです。オアシスのいい意味での「ダサカッコよさ(情けなさと自身の同居)」がビートルズのカバーによくマッチしてる気がするんですよね。Helter Skelterとかめちゃくちゃいいし。ただし、地味にジズメリとかを入れることも忘れてはいません。あのチェーンソーみたいなギターのディスト―トーションがたまりません。

 あと、今回はI Wantを長めに使ってみました。ちょうどライブ版の笑い声が入る直後に場面切り替わるとかいい感じの長さだったんじゃないでしょうか。歴史の話を書いてると、どうしても閣下化以外に緩急をつけるのが難しかったですが、次回からは素材が増えると思われるので登場シーンは減るかな?ただ、イギリスの法と日本の法のギャップ、および呼称の違いを利用することで、これまでで最もやばい閣下が登場する予定ではあります。お楽しみに。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

レスター伯P
イギリス在住のままひっそりと0903Pとしてデビュー。 10月に日本に凱旋帰国し、4月から京都に復帰しますた(´・ω・`) イギリス歴史・文化に関する教養講座、UKロックを中心とするPV、素人が思いつきで作る音MAD・マッシュアップ、脊髄反射で作るネタMADなどを好き勝手に作ってます。 ちなみに、リンクフリーです。 じゃんじゃん貼ってくれたまえ!

レスター伯P

Author:レスター伯P
にーちゃん、むっつりだ、むっつり貴族!

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。