スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[2010洋楽m@ster] アイドルマスター, Ash, Shining Light, 春香・美希

 開幕に合わせてあげたよ!

 

 今回は納得行かない部分が半分ありつつ、新たな試みも取り入れて満足も半分。まあ、トータルでは動画としては70点、製作者としての成長とかも考えると85点くらいかな。

 詳細は格納

 ただね、ブリッジ部分は頑張ったから、そこだけでも見て欲しいなw
 さて、今回はですね、もともとは卓球さんとの合作のハズだったんですよwそれが、20選とかぶって身動きが取れなくなった卓球P、という状況だったので、僕が一人で最後まで作ることになりました。ただ、Ashで作ろう、Shninig Lightにしようってのは一応二人とも納得だった気がします。

 なので、アイドルも春香さん(僕)と美希(卓球P)のデュオであっさり決定。なお、茶髪にしたのは僕の趣味もありますけど、僕の中で「春香さん=ティム」、「美希=シャーロット」だったからってのもあります。シャーロットも美希同様にAshを脱退したんですけど、SPエンドみたいにまた戻ってきてくれると信じて…、ってのもちょっとあったりw

 ただですね、この曲がねえ、むずかしかったんですよw 最近高速m@sterばっかりやってたし、RRSにしてもミドルテンポだけどうねりがあるから躍動感のあるダンスが使えたんだけど、今回はスロー(BPM105)なのに加えて、ステップを踏ませたら負けな曲なんですよね…

 で、BPM遅めでほとんどステップを踏まない曲(my song、蒼い鳥、隣に…、まっすぐ、フタリの記憶)を、デュオですべてのアングルとってひたすら当てはめてるという試行錯誤を一週間ほどした結果、前半はmy song、後半はフタリの記憶の長回しでなんとかなりそうだと思ったので、それでダンスを組み上げました。ポジティブとか迷走とかリレとか、いつも使うダンスを全く使えないってのは本当にしんどかった…

 で、一応それなりにはなったんですが、残念ながら緩急をつけるのがすごいむずかしくて、満足いく出来にならなかった… たぶんだけど、もっと上手に超スローを使えればよかったんですが、正直そこまで試す余裕はなかったです。その分、SUPERLONGを含めたカットの割り振りはそれなりに上手くいたのではないかと想います。本格的にデュオをやったのは初めてなんですが、デュオは二人の感覚が広くてLONGが使いにくいんですけど、SUPERLONGを適度にはめ込むことで、奥行きとアイドルのUPをいい感じに混ぜれたような気がしてるんですけどいかがだったでしょうか?

 一方で、ブリッジ部分に関しては、自分でも結構満足してます。まだ再生もコメントも少ないので(まあ、今回は時期もこれ以上伸びないだろうけどw)、反応を読み切れてない部分もあるんですが、あそこには魂注ぎ込んでます。色調の調整まで含めると15秒に1週間かかりましたからww

 何をやったかというと、まあ単純な力技で、グラビア水着(春香さんはスク水)BB素材をNiVEを使って連番BMPで出力して、一フレームずつAzPainterで肌色にぬって、もう一度連結してAviで出力することで、裸で踊る春香さんと美希を作ったってわけですね。まあ、塗自体は結構適当だったんですけど、色調補正でうまくあらは隠せたような気がするので、個人的には納得の出来です。

 黒帯で隠れてる部分も塗ってるので、元のAvi素材はもっとえっちぃな感じになってますよw

 *実際に胸まで塗ってあるのに、基本鎖骨より上しか映らないのはめんどくさいんじゃなくて、UP素材だと腕が切れちゃうので、それをごまかすために、鎖骨より上しか写せなかったんですよね。

 てな、感じで、だいたい700フレーム分くらい手で塗った訳ですが、単純作業は嫌いじゃないし、スカイプしながらとか、動画見ながら塗ったので楽しく出来ました。ナファランPとかには、おかしいよって言われましたけどねw

 その人力脱がしと並んで、今回実験的に試したのは色調補正です。いつもは「暗め+コントラスト強め」で単純にやってたんですが、今回は明る目の色調、というか光っぽい表現が欲しかったので、いつもより一手間かけてみました。

 僕は編集ソフトがPEなので、単純に一つの素材にエフェクトを掛けてもうまくいかないので、同じ素材を二つ並べて、下に色々と加工をして、それを拡張プラグインのオーバーレイでレイヤー合成(今回のモードは加算)することで、今回の色を出しました。まあ、この手法自体はすでに多くのPさんがやってることで、それを参照にしたのですが、個人的に工夫したのは、明る目の色調を出すのに、あえてルミナンスキーを使ったことです。

 昨日のラジオでジェットPがルミナンスキーを愛用していると言ってましたが、僕も最近はルミナンスキーにこってます。ルミナンスは目とか髪とかが抜けちゃうという弱点もあるんですが(彩度マスクなので)、うまく調整すれば、独特の質感を出すことが出来ます。

 ハバネロPがTwitterで、「闇の奥にある一筋の光を追うがごとし。」と評してくださいましたが、まさにそんな感じの明る目だけどどこか影がある感じを目指していて、ルミナンスを使うことでぼやけがちな明るい色調に一本筋を通せたかなと想います。

 まあ、色調に関しては最近実験的に上げてる一連のエフェクト動画で色々実験したのが生かされたとは思います。ルミナンス以外にも、最近多用してるパステルスケッチやメタリックなんかと、オーバーレイ合成を使うとどういう感じの色が出せるかなあとか、今は楽しみ過ぎて困ってますw 最終的にはサックリ作るアングラな実験と、ガチ動画の細かい調整が上手に融合して、もっと独自の色合いが出せるようになればなと思ってるので、今後に期待しておいてください。

 技術的にはこんな感じなんですが、いかがでしょうか。個人的にはダンス70点、新しい試み100点の、合計85点くらいの出来だと思います。綺麗には作れたと思うし、目をひくところもあったと思うんですけど、爆発力にはかけたかなと。もうちょっと、全体の構成でみせれるようになりたいですね・・・

 ただ、今回の試行錯誤は確実に今後に生きるはずだし、自分的には繰り返し見るに耐える動画を作れたとは思ってるので満足です。これで、im@syrupを作るための壁を一つ子えれた気がします。今後は実写イジリの実験をもうちょっと重ねて、

 「実写素材を使った、度肝を抜くようなストーリー系のPVを作る」

 ってのが、最終的な上半期の目標ということにしたいと思います。

 ただ、その前に、洋楽m@sterのガチ二本目頑張らないと。二本目はGive It Away系の、ノリの良い、楽曲で持っていける選曲をしてるので、お楽しみに!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

レスター伯P
イギリス在住のままひっそりと0903Pとしてデビュー。 10月に日本に凱旋帰国し、4月から京都に復帰しますた(´・ω・`) イギリス歴史・文化に関する教養講座、UKロックを中心とするPV、素人が思いつきで作る音MAD・マッシュアップ、脊髄反射で作るネタMADなどを好き勝手に作ってます。 ちなみに、リンクフリーです。 じゃんじゃん貼ってくれたまえ!

レスター伯P

Author:レスター伯P
にーちゃん、むっつりだ、むっつり貴族!

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。