スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アイドルマスター] 引鉄はあなたの手に [16歳トリオ]

一カ月遅れたけど、真誕生祭動画あげました。



 僕がアイドルに触れるにはこういうやり方しかないのよ。だから、これからも作り続けていきますよ。

 後、Jamaicaくそかっこいいので、CDも合わせてぜひ。

 


 詳細は収納

 元々この動画ははじめPとTwitterで「今年の真誕生祭はロックでカッコいいのつくりますよ!」って宣言したところのが全ての始まりで、実は8月中はこれとは違う曲で真(+千早)動画をずっと作ってました。なんですが、これ以上無いくらいのスランプで仮組以降進まず、気分転換にさまもりあずまーを作ったはいいがまこたん矢部えなあと思ってたときに、HMVで視聴したJamaicaがやばくて急遽曲を変えることにしたのが8月28日(長い前フリ)。

 視聴したときは、

 「この曲ならジェバンニで一晩で行ける!」


 と思って、Autoだけでサックリ組んだものの、どうも納得がいかなかったのでなら一からちゃんと組むかと決意したのが8月29日早朝。いうまでもなく、この時点で誕生祭遅刻は確定……。で、結局丸々一ヶ月かけて組み上げました。

 曲自体がノイズが入ったカッティングギターを、やっすいコンプでこれでもかと歪ませた音だったので、映像のイメージとしてバリバリに色調補正をかけつつ、これでもかとカットを切ってやろうというのは即決定してました。カメラとカットに関しては過去最高にいじった気がします。SD素材で普通に300%拡大とかやってしまう僕もどうかと思うんですが、そんなのは関係ないとばかりに出来る限り大胆かつピーキーな作りを目指しました。

 なので、カット切るのが途轍もなく大変でした。今回も普通に素材を100本近くとってるのですが、使わなかった素材は1割も有りませんでした。アピール固定バグも今回は意識して取り込んだので、ほぼ無限に選択肢があるのですが、それでもここまでカットを割ると最終的には選択肢が無くなってしまいます。そこをごまかすのにカメラだけではしんどいので、今回はAEさんをフル活用して、色調やテキスト、そして画面の揺れまでもをシンクロ要素として組み込むことで、今までより一段階複雑にすることを技術的な目標に据えることに。

 その結果、シーンごとにプリレンダと調整のコンポを作ったために、ただのダンス動画なのにコンポ数は20個近くなって、しかもエフェクトが8重くらいにかかってるのでレンダ失敗の連続。AEで作業してる時にスカイプしてた同期Pに、「ああ、また伯爵のAE落ちたねw」って何回言われたかわからないことになってましたw

 具体的には今回もtwitchさんが大活躍だったわけですが、twitchがなければできなかったのはトランジションとテキストの揺れくらいのもので、基本的には始めから用意されてるプリセットの値を微妙にいじってるくらいなのでそこに関しては大変ではなかったのですが、タイミングを合わせるのがめちゃくちゃしんどかったです。AEは音を聞きながら作業できないので、一フレーム単位で直すところが数十個単位であると単純に時間を取られまくりますね。まあ、ちかたないのですが。

 一方で色調に関しては、コントラスト高め(今回はトーンカーブで調整)、明度を落としつつ加算で合成し、ブラーもかけるというこれまでの延長線上を基本に、twitchでライトを点滅させたり、ノイズをいつも以上に細かくいじったり、ボヤけとハードさを併存させるという「お前馬鹿だろう」的なモノを目指しました。多分、今のニコマス界隈ではアングラ界隈の人でもやらないような方向性じゃないかなあとは思います。特に2の素材がでてカワイイ系、パステル系、ソフトフォーカス系は増えてるし、ジュピターももっと端正な画面作りが多い印象がある中で、でも、僕は近くて遠い、強いけど儚いみたいなアンビバレントさを捨てることは端から眼中に有りませんでした。出来上がりは違うけど、こういう頑固さは個人的には今回イラストを描いてくれたジェットPと通じてるのかなあとは思ってます。

 で、そのジェットPには急遽イラストを描いてもらいました。僕が動画を作ると、基本的にカッコ可愛いを目剤ちゃうので(てか、僕の目に映るアイマスのアイドルはカッコ可愛いのでそうならざるを得ない)、そこに狂気性を付け加えるにはどうしても他人の力が必要で、いつもお互いの動画にアドバイスをしあってるジェットPに気軽に頼んでみました。そしたら、こちらの期待通りの絵を書いてきてくれたので、これは上手く使わないとなあと思い、フェードのシーンに組み込んでみました。

 そのフェードを含めたブリッジ部分に関しては、始めからあの形にするつもりでした。歌詞がああなので、だったらアイドルに挑発させてやれと思い、意訳の日本語テキストを嵌めこんでみたのですが、実は僕が英語詩を日本語に訳したのて初めてなんですよ。これまでは雰囲気を重視して作ってたからあえて洋楽の世界観を壊さないできましたが、今回は2の騒動も含めて何らかのアクションを少しは詰め込みたいと「スケベ心」がでちゃったので、タイトルを含めて示唆的なような形にしました。どうだったでしょうか?

 とまあ、今回の解説に関してはこんな感じで。1ヶ月丸々かけてガチガチにピーキーな動画を構築したので、次はもっと開放感のある野外ステージで組みたいですね。コレを経た今なら、挫折した曲に挑めると思うし。他にもいくつかタスクがあるので年末になりそうですが、予告しておくとセカンド・サマー・オブ・ラブに続いてStone Rosesで野外作ります。2に向けたメタなのも作りたいけど、先にステージを総括しないと僕じゃないよなあw 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

レスター伯P
イギリス在住のままひっそりと0903Pとしてデビュー。 10月に日本に凱旋帰国し、4月から京都に復帰しますた(´・ω・`) イギリス歴史・文化に関する教養講座、UKロックを中心とするPV、素人が思いつきで作る音MAD・マッシュアップ、脊髄反射で作るネタMADなどを好き勝手に作ってます。 ちなみに、リンクフリーです。 じゃんじゃん貼ってくれたまえ!

レスター伯P

Author:レスター伯P
にーちゃん、むっつりだ、むっつり貴族!

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。