スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国紳士がいおりんにプレゼントを届けるために来日した模様です

 いおりんー!俺だー!誕生日おめでとー!!!



 歴史紀行にもご出演いただいているということで、作らないわけにはいかないでしょう。というわけで、一日で作ってみました(いつものことだろうw)。いおりんの誕生祭用動画、『英国紳士がいおりんにプレゼントを届けるために来日した模様です』。

 まあ、いつも通りですねw もはや痛ユニ作りにも慣れてしまい、躊躇というものが全くなくなりました。今回はお願いして少しだけ店内の写真も撮らせてもらいました(実際の作成の模様はNGでした。無念orz)。

 ただ、動画を見た方は感じられるんじゃないかと思いますが、今回の影の主役、というか主役はリネカーさんでしたねw 初めはこれぞ英国紳士というキャラにしようと思ったのですが、描いてるうちに自然とニコニコ的な意味の紳士になってました。というか、軽過ぎましたね…。まあ、まっとうに行こうなんて到底無理ですよwww

 *本物のGary Linekerはサー・ボビー・チャールトンと並んで、イギリス・サッカー界の中でも屈指の英国紳士なので誤解なされませんように。現役時代、レッドカードはおろか、イエローカードすらも受けたことがないという伝説の持ち主。ちなみにイングランド代表歴代2位の48得点、86年のメキシコW杯得点王、フットボール・リーグ Div.1(現在のプレミア)で三度の得点王(しかも全部違うクラブ)に輝くなど、レスターが生んだイングランドを代表する名ストライカーなのです。

 ちなみにリネカーさんは、歴史紀行(今回は番外編の位置づけ)に初めて登場した石像以外の実在の人物でした。まあ、まだリネカーさんは普通にご健在ですし(BBCのサッカー番組で解説者やってます)、銅像はまだできてないので、懐かしのグランパス時代の写真を使いました。

 なお動画内では、「ギャリー・リネカー」と表記しましたが、たぶんゲーリー・リネカーの方が実際の発音に近い気がします。でもね、ゲーリーにするとねゲーリーPになっちゃって、某Pと名前がかぶってしまうじゃないですかw というわけで今回はギャリーにしました。

 そんなわけで歴史紀行の番外編としていおりんの誕生祭動画を作ってみました。次は普通にいおりんがでてくるロンドン外伝の続きをひとつ作ってから、春香篇に戻りたいと思います。あと、解説篇も作りますよ(今回のゲストは誰にしようかな?)。いずれにせよ、忙しくなってきたとはいえ、この3つくらいは今月中に作りたいなあと思ってます。

 蛇足:リネカーさんがユニフォームをあげようかと言っていた納谷伊織選手は、実はキング・カズこと三浦和義選手のいとこで、現役のサッカー選手です。カズと同じように静学を経てブラジルに渡り、その後日本のクラブを転々として、今はお父さんが監督を務める静岡FCに所属しています。名前のつながりからあげさせてもらいました。

 それではセットリストでお別れです。少しだけこの動画の狙いと選曲の関連についても解説してあるので、気になる方はぜひ。
 1.Blankey Jet City, 赤いタンバリン, ロメオの心臓
 2.Thee Michelle Gun Elephant, ブラック・タンバリン, Cult Grass Stars
 3.The Birthday, アリシア, Teardrop
 4.ROSSO, シャロン, Bird
 5.Blankey Jet City, Sweet Days, Harlem Jets

 視聴者からすれば、まさかのブランキー、ミッシェル(+ROSSO, The Birthday)だったかな?まあ、今回は縛りをもうけず思い切って好きな曲を選曲した訳ですがw、実は狙いもあるんですよ。

 まず、ブランキーなんですが、これはリネカー=グランパス=名古屋=ブランキーという連想から。伯爵の中では名古屋=ブランキーですから。それで、ブランキーを使うんならミッシェルもということで、間の三曲はチバに歌ってもらいました(赤いタンバリン→ブラック・タンバリンという発送ももちろんありますけどね)。

 ただ、曲に関してはなんとなく選んだわけではないです。特に最後の二曲には意味を持たせているつもりです。具体的にいえばシャロンの「寂しいから ウサギは死んだ」の部分と、Sweet Days「かけがえのないものに」って部分ですね。

 伯爵の中で、いおりんってすごい仲間思いだし、強がるけれども寂しいのは嫌だという印象があるんですよね。これは多分に架空戦記からの刷り込みなのかも知れませんが、みんなのことを大切に思う気持は誰よりも強いんじゃないかと。

 なので、ユニフォームに関しても単純に外伝その3のエンドロールであんなことを書いたから作ったわけではなく(もちろんそれも否定できませんが)、みんなと同じユニフォームを着ることで感じられるであろう一体感を表現したかったというのがあります。

 そうしたいおりんの心情を考えると、上記の二曲はちょうど良かったんじゃないかなあと思っているわけですが、どうでしょうか?まあ、そこまで考えなくても、ブランキーとミッシェルの曲は単純にいいですよね(台無し)www

 伊織誕生祭.mp4_000018184
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

レスター伯P
イギリス在住のままひっそりと0903Pとしてデビュー。 10月に日本に凱旋帰国し、4月から京都に復帰しますた(´・ω・`) イギリス歴史・文化に関する教養講座、UKロックを中心とするPV、素人が思いつきで作る音MAD・マッシュアップ、脊髄反射で作るネタMADなどを好き勝手に作ってます。 ちなみに、リンクフリーです。 じゃんじゃん貼ってくれたまえ!

レスター伯P

Author:レスター伯P
にーちゃん、むっつりだ、むっつり貴族!

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。